麗の東池や水原のロケ地を画像付きで紹介!

麗の東池や水原のロケ地を画像付きで紹介!
スポンサーリンク
Pocket

今回は、麗の東池や水原のロケ地を画像付きで紹介していきます。

麗は、現代から高麗時代の皇室にタイムスリップしていくお話で、イケメンたちとともに美しい自然の景色なども画面から楽しめましたよね。

その素敵な撮影場所はどこなのか気になりませんか?

一度は行ってみたいと思った方もたくさんいるんではないかと思います。

それでは、麗の東池や水原のロケ地を画像付きでお届けします!

是非最後までご覧ください。

↓こちらの記事も読まれてます↓
麗の動画を無料動画を日本語字幕付きで全話フル視聴できる方法は?

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ『麗』ロケ地はどこ?

それでは、麗のロケ地を画像付きで紹介していきます!

すべて紹介することはできませんがご了承ください。

 

東池(位良池)

ワン・ソとヘ・スが二人で話した場所 です。

毎回オープニング映像に映っていましたね。

新羅と高麗時代、農業のために貯水池として作られた場所だそうです。

ここは別名【ヒトツバタゴの森】と呼ばれていて、2016年に美しい森全国大会で優秀賞を受賞しています。

 

基本情報

  • 住所:慶尚南道密陽市府北面位良路
  • TEL:055-359-5641
  • 営業時間:9:00-18:00
  • 観覧料:無料
管理人
ヒトツバタゴがきれいに咲く、4月下旬から5月中旬に行くのがオススメみたいですよ!

 

水原(孝園公園)

公園内にある中国式庭園「粤華苑」がロケで使われたようです。

ヘ・スが宮廷で宮女(クンニョ)として働く「茶美院」の場所だったんですね。

ワン・ウンの誕生会のシーンでも使われていました。

基本情報

  • 住所:京畿道 水原市 八達区 仁渓洞 1117
  • TEL:031-228-4338
  • 営業時間:9:00~22:00
  • 休業日:年中無休
管理人
中国の伝統的な庭園を模して作ったものだそうです。とてもいい雰囲気ですね~

 

スポンサーリンク

百済文化団地

ドラマの重要なシーンで何度も使われています。

ワン・ソ(イ・ジュンギ)が歩いている姿が目に浮かぶようですね。

百済の歴史や文化を理解してもらおうと建造された歴史テーマパークで、時代劇の撮影によく使われる場所です。

 

基本情報

  • 住所:忠清南道 扶余郡窺岩面百済門路455
  • TEL: 041-635-7716
  • 営業時間:9:00 – 18:00(冬期間は17:00まで)
  • 休業日:月曜日
  • 入場料:成人:4,000ウォン(個人)/3,000ウォン(団体)
    青少年(13才以上18才以下):3,000ウォン(個人)/2,000ウォン(団体)
    子供(7才以上12才以下):2,000ウォン(個人)/1,000ウォン (団体)
    ※百済文化団地の観覧料には同じ敷地内の百済歴史文化館観覧料も含まれています。

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ『麗』口コミ・感想は?

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、麗のロケ地を画像付きで紹介してきましたがいかがでしたか?

観光地での撮影が多かったので、ロケ地にも行きやすそうです。

ドラマを思い出しながら、いろいろと巡るのは楽しいですよね。

景色がとても美しい場所が多かったので、ぜひ行ってみてください!

では、麗のロケ地を画像付きでお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

出典:Creatrip

↓こちらの記事も読まれてます↓
麗の動画を無料動画を日本語字幕付きで全話フル視聴できる方法は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク